塾で合格ための勉強~塾で熟成される知識で成績アップ

学生

学習しやすい環境

学校と塾の関係について

先生

塾で学習することが現在では一般的な学習スタイルになりつつあります。特に都市部を中心にその傾向は顕著で、学校が終わった後遅くまで塾で学習をする子供たちの姿をみることは珍しくはありません。特に受験などで、自分の学習レベルを高めたい時などは、家での学習だけでは不安になることも多く、自分の希望だけではなく、親の意向などで塾での学習を選択することも多々あります。現在の塾ではそのような多様なニーズに応えるべく、受講する金額やコースなどが細分化され、何を目指し、どのような学習をするのかによって細かく選択をしやすい環境が構築されています。学校での授業で学び、自宅で予習と復習を繰り返すスタイルに塾での学習をプラスすることで、自分の学習成果を最大限に高めることも可能です。

どのようなスタイルで学習するか

学習の基本は学校での授業ですが、都市部では学校の選択肢も多く、また授業では多人数を相手に平均的なレベルで学習が進むため、更に上のレベルを目指す子供たちにとって塾での学習は欠かせないものになっています。特に大学受験などでは、進学校に通っている生徒ですらも塾に通っている場合も多く見られます。学習は根本的には自己学習のため、学校での授業も塾での授業もインプットであることに変わりはありません。ただインプットの強さや精度を選択できることは、塾を選ぶ大きなメリットの一つです。つまり学校での授業は受動的な傾向が強く、塾での学習は能動的な傾向が強いため、自分の学習スタイルの傾向を把握し、適切な環境を選択することが学習効果の最大化には不可欠です。